旬感・話題とニュースの伝言板

気になる話題やニュース・お役立ち情報等をお知らせしています。


スポンサーリンク

群馬県高崎市で女性に硫酸、30歳男を傷害容疑などで逮捕

■女性に硫酸、30歳男を傷害容疑などで逮捕 容疑否認

 群馬県高崎市で買い物中の女性が相次いで硫酸とみられる液体をかけられた事件で、群馬県警は7日、23歳の女性に硫酸をかけてけがをさせたとして、高崎市山名町、無職の北村宣晃容疑者(30)を傷害と器物損壊の疑いで逮捕した。県警によると、容疑を否認している。県警は一連の事件への関与を調べる。

 逮捕容疑は2日午後7時ごろ、高崎市矢中町のショッピングセンターで、群馬県藤岡市の女性会社員の背後から硫酸をかけ、コートとストッキングを溶かして穴をあけ、くるぶしに軽傷を負わせた疑い。

 このショッピングセンターと、約4キロ離れたJR高崎駅ビルでは2日と6日、この女性を含む計4人が液体をかけられ、足に軽傷を負う事件が発生。4件のうち、2件の液体は鑑定の結果、硫酸と判明した。

 県警は同一人物による犯行とみて6日、防犯カメラに映っていた不審な男の写真を公開したところ、「似た男を知っている」という情報が複数寄せられた。

 また県警は7日、高崎市内で女子大生(20)が2日に液体のようなものをかけられ、上着の一部が溶かされたという新たな被害の届け出があったことを明らかにした。


■女性に硫酸、30歳男逮捕 傷害容疑、群馬県警 

 群馬県高崎市で買い物中の女性が相次いで硫酸とみられる液体をかけられた事件で、群馬県警は7日、23歳の女性に硫酸をかけ、けがをさせたとして傷害と器物損壊の疑いで、高崎市山名町、無職北村宣晃容疑者(30)を逮捕した。県警によると、容疑を否認している。県警は一連の事件への関与を調べる。

 県警によると、JR高崎駅ビルと高崎市矢中町のショッピングセンターで2日と6日、女性計4人が液体をかけられ、足に軽傷を負う事件が発生。セーターやタイツの一部が溶けたり、穴があいたりした。

 うち2件の液体は鑑定の結果、硫酸と判明。

■女性に硫酸 新たな被害 群馬・高崎

先週、群馬県高崎市で買い物をしていた女性3人が何者かに硫酸をかけられ、軽いけがをした事件で、警察が6日、事件に関与しているとみられる男の画像を公開しましたが、6日午後6時すぎ、新たにJR高崎駅で別の女性が液体をかけられる事件があり、警察が同じ男の犯行の可能性があるとみて関連を調べています。

今月2日夜、高崎市のJR高崎駅に隣接する商業施設や、およそ4キロ離れた高崎市矢中町のショッピングセンターで、買い物をしていた女性3人が1時間ほどの間に相次いで足に硫酸をかけられ、軽いけがをしました。

警察によりますと、いずれの現場でも同じ特徴の男が女性に近づいていく姿が防犯カメラに映っていたということで、警察は、黒いジャケットを着た20代から30代の男が事件に関与している疑いがあるとして、6日午後、防犯カメラの画像を公開しました。

こうしたなか、6日午後6時すぎ、JR高崎駅の2階にある改札近くのコンビニエンスストアの店内で女性が液体をかけられ、けがをしたという通報が新たにありました。女性は、店の入口近くで商品を選んでいるときに後ろから液体をかけられたということで、右足のふくらはぎをけがして病院に運ばれましたが、自力で歩くことができるということです。

事件直後の現場を見たという高校1年生の女子生徒は「事件のあと、男はすごい勢いで走って階段を駆け下りて行き、現場は騒然としていた。また、液体をかけられた女性は、黒いストッキングに穴が開いていた」と話していました。
警察では、いずれの事件も同じ男の犯行の可能性があるとみて、男の行方を捜査しています。