旬感・話題とニュースの伝言板

気になる話題やニュース・お役立ち情報等をお知らせしています。


スポンサーリンク

マック、2年連続赤字380億円 131店舗閉鎖へ 、 100人の希望退職を

■マック、131店舗閉鎖へ 2年連続赤字、380億円 
 

 業績が悪化している日本マクドナルドホールディングス(HD)は16日、経営再建のため、2015年中に全国の131店を閉鎖すると発表した。本社の正社員を対象に、約100人の早期退職も実施する。異物混入の発覚など、昨年からことしにかけての食の安全をめぐる問題で来店客が大幅に減少しているためで、リストラを進めることで業績改善を急ぐ。

 同時に、15年12月期連結決算の純損益が380億円の赤字になるとの業績見通しも発表した。赤字は2年連続。赤字幅は14年12月期の218億円から拡大し、01年の上場以来、過去最大となる。

 

■マック、今期131店を閉鎖 100人の希望退職も…全役員の報酬カット 最大の赤字で改善策発表

 日本マクドナルドホールディングス(HD)は16日、未発表だった今期(12月期)の業績が上場後最大の380億円の最終赤字になると発表。これを受けて、本社スタッフを対象にした約100人の早期退職募集や、不採算店舗131店を年内に閉鎖する改善策を発表した。経営責任を明確にするため、サラ・カサノバ社長の6カ月間20%を筆頭に、役員報酬を減額する。

  同社が発表した改善策は、▽本社100人規模(全体の15%)の早期退職募集▽今年中に成長が見込めない131店舗を閉鎖▽4年間で2000店を改装、うち500店舗を年内実施▽東日本、中日本、西日本の3地区本部制導入▽幅広い選択肢から選べるセットメニュー制導入-など。

  同日会見したカサノバ社長は、「消費者からの信頼回復、食の安全・安心、ビジネスの回復のため、ビジネスリカバリープランを策定した」と説明した。さらに「現時点では、お客さまの期待に答えられておらず、重く受け止めている」と語った。

  だが、食の安全に向けた新たな施策はない一方、新規出店を絞り込み、既存店の改装を強化するなどの内容で、事業再生に軸足を置いている。

  業績については、今期の売上高は前期比10%減の2千億円、営業赤字は前期より182億円悪化して250億円に拡大するとみている。今年10~12月期には「既存店売上高は前年同期比でプラスに転じる」(今村朗執行役員)という見通しを立てている。


■マック、今12月期は380億円の最終赤字に悪化 業績予想やっと発表

 日本マクドナルドホールディングスは16日、未発表だった今期(12月期)の連結決算予想を発表した。最終損益は380億円の赤字となる見通しで、前期に続いて2年連続での大幅な最終赤字となる。同社では新メニューの投入や店舗改装の強化などの「ビジネスリカバリープラン」を進めて改善を図るが、客離れは深刻で効果は不透明だ。

  2年連続赤字決算の責任を取り、同社は役員報酬を6カ月間減額することを決めた。減額幅はカサノバ社長の20%から取締役の10%まで。

  同社が発表した今12月期の決算予想は、売上高が前期比10%減の2000億円、営業損益は前期の赤字67億円に対し、今期は250億円に拡大する。前期は218億円の最終赤字で、ともに2年連続の赤字を余儀なくされる。

  同社の全店売上高は昨年2月から今年3月まで14カ月連続で前年割れが続いており、特に昨年12月からは4カ月連続で2割以上の減収幅が続いている。この基調がしばらく続くと見て赤字決算を予想した。

  昨年7月に中国で加工した鶏肉の消費期限切れ問題が発覚したのに続いて、年明けには複数の店舗で異物混入問題が相次ぎ、大きなトラブルが続いた。これにより客離れの影響は拡大し、回復の兆しはない。