旬感・話題とニュースの伝言板

気になる話題やニュース・お役立ち情報等をお知らせしています。


スポンサーリンク

萩原流行さん事故死 事故の発端は警察車両だった?

萩原流行さん事故死に新展開!護送車に接触、警部補を事情聴取

 
 事故の発端は警察車両だった-。東京都杉並区で俳優、萩原流行(はぎわら・ながれ)さん(享年62)が死亡した交通事故から一夜明けた23日、警視庁は萩原さんの大型バイクが転倒後、高井戸署の護送車に接触していたと発表した。

 

その直後、萩原さんは後続車にひかれ、心房破裂のため死亡したことが判明。警視庁は自動車運転処罰法違反の疑いで護送車を運転していた高井戸署の警部補(55)らを事情聴取している。前日の22日は、警察車両の関わりを報道陣に明言していなかった。

 

事故の詳細が明らかになる中、萩原さんの死亡に警察車両が絡んでいたことが分かった。

 

 警視庁交通捜査課の調べと目撃者の情報によると、事故は22日午後6時過ぎに発生。現場は環状7号線と交わる直前の青梅街道片側(新宿方面)3車線で、一番左側の車線を走っていた護送車が、路上駐車をよけるため中央車線に路線変更した。

 

 このため、中央車線を走っていた萩原さんのハーレー・ダビッドソンがフラつき、護送車と併走した後に転倒。護送車の前輪付近と接触した。その直後、萩原さんは一番右側の追い越し車線に投げ出され、後続の車はとっさに対向車線に出て避けたが、すぐ後に続いた会社役員の男性(59)の乗用車にひかれた。

 

 護送車を運転していた警部補が現場から119番。萩原さんは意識がない状態で東京・西新宿の東京医大病院に運ばれたが、22日午後7時26分、心房破裂のため死亡した。遺体は杉並署に置かれたまま、24日以降も検視される。護送車は留置中の容疑者の治療のため、高井戸署から病院に向かっていた。

 

警視庁交通捜査課は23日、萩原さんが護送車をよけようとして転倒した可能性があるとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで運転していた警部補らから事情聴取。交通捜査課は事故管轄の杉並署から捜査を引き継いだ格好で、警部補は「ひいた感覚はなかったが、ドンとバイクが転倒した音が聞こえた」と証言した。

 

 また、萩原さんをひいた会社役員の男性は「バイクが転ぶ音がして、タイヤで何かをひいた感触があった」と話した。

 

 警視庁は事故の詳細を発表する前、報道陣の質問に車線変更した車が護送車だったことや運転手の職業を明かさなかった。この点について当時、「事実確認中」としていたが、批判が高まる可能性もある。

 

 この日、妻で女優、萩原まゆ美(62)が杉並区の自宅前で会見。警察車両の関わりが発覚したことについて「護送車のことはネットニュースで知りました。警察からは詳しく聞かされていないので、今は話せません」と話すにとどめた。

 

萩原さんは3年前からたびたび交通事故を起こしていた。22日はハーレーで自宅から東京・四谷の美容室に向かう際、「気をつけてね。最近、事故が多いから」とまゆ美が注意を促すと、笑顔で「安全運転で行くから」。それが夫婦の最後の会話になった。

 

 夫婦に子供がいなかったため、30年前に遺言状を書いていたという萩原さん。葬儀は密葬にする予定だが、遺体が帰らないため時期は未定という。

★萩原 流行(はぎわら ながれ)

萩原 流行(はぎわら ながれ、1953年4月8日 - 2015年4月22日)は、日本のダンサー、俳優、タレント。本名は萩原 光男(はぎわら みつお)。

2000年代以降は役者だけでなく、バラエティ番組などにも出演していた。東京都世田谷区出身、世田谷学園中学校・高等学校卒業後、劇団ザ・スーパーカムパニイ、つかこうへい事務所、オーケープロダクションを経て、最終所属は個人事務所。

 

血液型はO型。身長173cm。妻は舞台女優の萩原まゆ美。

 

2008年12月、自身の俳優としてのDNAを継承すべき場として萩原流行アクターズスタジオを開設。

2015年4月22日、東京都杉並区の青梅街道の道路上でオートバイを運転中高井戸警察署の護送車と接触して転倒し、後ろから来た乗用車に胸をひかれ病院に搬送されたが死亡が確認された。62歳没