旬感・話題とニュースの伝言板

気になる話題やニュース・お役立ち情報等をお知らせしています。

「マスク2枚配布・アベノマスク」に異議あり! 優先順位が"違うだろー"

安倍晋三総理は4月1日、首相官邸で開いた政府対策本部の会合で、新型コロナウイルスの拡大防止のために洗濯して繰り返し使える布マスクを1億枚配る方針を明らかにした。配布には日本郵便のシステムを使い、全国すべての世帯に、1住所当たり2枚を再来週以降、感染者の多い都道府県から順次配るとしている。

 

 政府は国民が今必要としている「マスク」を全国津々浦々あまねく届けることで、感染予防と不安解消につながると思ったのだろうが、その思惑とは裏腹に発表以降「マスク2枚でごまかすな」等、炎上の様相となっている。

 そもそも現金給付を望む声に対して「お肉券」「お魚券」と言った案が出てきた段階で、コロナ対策がある一定の業界団体に対する忖度で進められるのではないかと言った声も出ていた。

 

首相はこの日も布マスク姿で答弁を行った。全世帯に2枚ずつ布マスクを配布すると取り決めたばかりだが、「不安を解消できる」と自信満々にアピール。一方、野党からは「ネット上など、一部では『アベノマスク』と呼ばれている。場当たり対応の極みだ」と痛烈に批判される場面もあった。

 

ここで問題なのは優先順位である。

全く無駄とは言わない。

 でもね~、マスクよりもっと先にやらなければならない問題がたくさんある。

第一にマスク配るなら医療関係者に配るべきだ。医者や看護婦さんなどなど…etc.

日本では、新型コロナウイルスへの感染の有無を調べる「PCR検査」の数が少ないと一部から批判が上がっている。ただ、ここで問題とすべきなのは、WHOが指摘する「疑わしい人」を検査できているのか、できていないのかという部分のはずだ。

 

病院の中にに入れないで「PCR検査」をするために場所(駐車場、学校の校庭、広場、スポーツ競技場等)を確保しテントもいるだろう。

ベッドも必要だ。人工呼吸器も必要などなど…etc.・・・。

今十分にある。というかもしれないがそのうち絶対になりなくなる。

患者は想像を超えて幾何級数的に増えていくからだ。

だって保菌者が町中を涼しい顔して歩いている。

今はだれが陽性になってもおかしくない状態になっている。

 政府の方からマスクでは新型コロナウイルスは防げないと言いながら数億もかけて配るのはわからない。

 そもそも「再来週以降」に、しかも国民全員ではなく「世帯」に対して2枚という中途半端な配布で新型コロナに対抗できるのであろうか。

 時期的にも規模的にも、科学根拠的にも十分なものとは言えないだろう。

 一体誰が発案し、どのような会議体を経て、決裁に至ったのか。誰も止めなかったのだろうか? 

聞くところによると官僚から1か月前に提案があったといわれている。

マスクを配るという意思決定に1か月もかかるの?

阿部政権も新型コロナウイルスにかかり危篤状態に陥っている。

スポンサーリンク