旬感・話題とニュースの伝言板

気になる話題やニュース・お役立ち情報等をお知らせしています。

スターバックス コーヒー 1都6府県850店臨時休業

スターバックス コーヒー 1都6府県850店臨時休業

スターバックス コーヒー ジャパンは4月8日、政府による新型コロナウイルス感染症対策のための緊急事態宣言と各自治体からの要請などを受け、4月9日から当面の間、1都6府県内のスターバックス コーヒー約850店舗を臨時休業すると発表した。


スターバックス リザーブ ロースタリー 東京、プリンチ 代官山 T-SITE、スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通りも対象となる。
その他の地域の店舗においては、閉店を19時までに営業時間を短縮。これまでもソーシャルディスタンスを保つため、座席数を減らし、座席間に一定のゆとりを持たせる工夫をしてきたが、より余裕のある配置に変更し、営業を継続するという。

2020/04/08

お客様各位
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
新型コロナウイルス感染拡大に伴う店舗の営業状況について
平素よりスターバックスをご利用いただきまして、厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大を予防する様々な取り組みがされる中、スターバックス コーヒー ジャパンにおきましては、お客様の安全を第一に考え、また全国の店舗、オフィスで働くパートナー(従業員)が安心して働けるよう、早期より店内サービスのオペレーションや衛生面における対策に日々取り組んでおります。また、政府や自治体からの指針や発表などの最新情報に注視し、店舗ロケーションの状況を鑑みながら、積極的な意思決定を続けていくことにしております。そのため、当面の間、店舗により、お客様にご提供するサービスが異なる場合がございますことをご了承ください。
以下、店舗の営業状況に関する最新情報をお知らせいたします。

【情報更新日:2020年4月8日】

対象店舗 エリア

東京*/神奈川/埼玉/千葉 大阪/兵庫/福岡 (一部店舗除く)

左記以外の道府県 (一部店舗除く)

営業状況

休業

19時までの短縮営業 ソーシャルディスタンスを保つ座席配置に変更

期間

4月9日(木)から当面の間


*スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京、プリンチ 代官山 T-SITE、スターバックス リザーブ® ストア 銀座マロニエ通りも対象となります。
なお、これに伴う、弊社発行のクーポン・特典類の取り扱いについてはこちらを参照ください。
また営業店舗におきましては、これまでもソーシャルディスタンスを保つため、座席数を減らし、お客様の座席間に一定のゆとりを持たせる工夫をしてまいりましたが、より余裕のある配置に変更いたします。
店舗休業に際し、スターバックスでの時間を楽しみにしてくださっていたお客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
休業店舗が営業再開しました際には、皆様とお会いできますことをパートナー一同、楽しみにしております。
スターバックスが常に大切にしておりますのは、お客様に一杯のコーヒーを通じて、心あたたまるひと時をお届けすることです。お客様とパートナーの安全を最優先に、今後も政府や自治体からの指針や発表などの最新情報に注視し、対策を講じてまいります。


★スターバックス(英: Starbucks Corporation、NASDAQ: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。
2015年現在においておよそ90の国と地域で営業展開し、店舗数は22,519店

概要
スターバックスコーヒージャパン株式会社
Starbucks Coffee Japan, Limited
種類
株式会社
市場情報
東証JQ 2712
2015年3月23日上場廃止
略称
スタバ、スターバックス
本社所在地
日本
〒141-0021
東京都品川区上大崎2丁目25番2号 新目黒東急ビル
設立
1995年(平成7年)10月26日[1]
業種
小売業
事業内容
コーヒーストアの経営、コーヒー及び関連商品の販売
代表者
代表取締役最高経営責任者 (CEO) 水口貴文
資本金
254億6181万円(2019年12月31日現在)
売上高
1,606億41百万円(2016年9月期)
純利益
76億96百万円(2016年9月期)
純資産
▲304億63百万円(2016年9月現在)
総資産
742億49百万円(2016年9月現在)
従業員数
4,234名(2019年12月31日現在)
決算期
毎年9月
主要株主
スターバックス・コーポレーション (子会社を介しての間接所有)
関係する人物
ハワード・シュルツ
角田雄二(創業者)
鈴木陸三(創業者)
外部リンク
www.starbucks.co.jp

1971年にシアトルでジェラルド・ジェリー・ボールドウィン(英語版)、ゴードン・バウカー(英語版)、ゼブ・シーグル(英語版)(ユダヤ系)、アルフレッド・ピート(英語版)[注釈 1](オランダ系)によって開業された。当時は、コーヒー焙煎の会社にすぎなかった。
1982年に後の会長兼CEOのハワード・シュルツが入社。シュルツは、コーヒー豆のみならず、エスプレッソを主体としたドリンク類の販売を社に提案した。1985年にスターバックスを退社したシュルツは翌年にイル・ジョルナーレ社を設立し、エスプレッソを主体としたテイクアウトメニューの店頭販売を開始。これがシアトルの学生やキャリアウーマンの間で大人気となり、瞬く間に流行した。シュルツは1987年にスターバックスの店舗と商標を購入。
イル・ジョルナーレ社をスターバックス・コーポレーションに改称し、スターバックスのブランドでコーヒー店チェーンを拡大した。同業他社もこれにならい、同様のスタイルのコーヒー店が急増した。
当時のアメリカではイタリア流のファッションや食事が流行しつつあり、イタリア式コーヒーのエスプレッソを主体とするこれらの「シアトル系コーヒー店」はブームに乗ってすぐに北米全土に広がり、シアトルスタイルというコーヒーやコーヒー店のスタイルとして定着した。

スポンサーリンク