旬感・話題とニュースの伝言板

気になる話題やニュース・お役立ち情報等をお知らせしています。

『時をかける少女』等の映画監督・大林宣彦さんが4月10日午後7時23分、肺がんのため世田谷の自宅で死去。82歳

映画監督で『時をかける少女』の大林宣彦さんが10日午後7時23分、肺がんのため東京・世田谷の自宅で死去。82歳だった。

新人女優を起用した作品で一世を風靡(ふうび)し、近年は反戦と平和を希求した映画作りを追求した。16年8月に肺がんで余命宣告を受け、闘病と並行して映画製作を続けたが、新型コロナウイルスの影響で公開延期となった「海辺の映画館-キネマの玉手箱」の公開日だった10日に死亡。
葬儀・告別式は家族葬で執り行い、後日お別れ会を開く予定。
 


大林宣彦さんが死去 尾道3部作の映画監督

 
「監督は映画が完成し、公開するまでは死ねない」というくちぐせは、かなわなかった。
大林さんは「花筐/HANAGATAMI」撮影前の16年8月、ステージ4の肺がんで余命3カ月と宣告された。複数の関係者によると、投与した薬が体に合い撮影を乗り越えた。二人三脚で歩むプロデューサーの恭子夫人が闘病を支え「2000年生きる」と創作意欲は尽きなかった。

時代を切り開いた映画人生だった。製作した自主映画が評価され、60年代にCMディレクターになり3000本超のCMを製作。映像を芸術にまで高めたと評価され、77年に「HOUSE」で商業映画デビュー。助監督の経験もない自主映画製作者が、監督になる道筋を作った。ついた異名は「映像の魔術師」だった。

その後、角川映画と組み、新人女優を軸に置いた映画を製作。81年「ねらわれた学園」で薬師丸ひろ子をブレークさせた。故郷・尾道を舞台にした「尾道3部作」でも「時をかける少女」で原田知世、「さびしんぼう」で富田靖子を見いだし「アイドル映画」のジャンルを作り上げた。

11年の東日本大震災を機に、映画で志を発信したいという地方の声の高まりを受け、戦争の悲惨さを訴える映画を作り続けた。

「映画は難しい哲学を分かりやすく、風化させないためのエンターテインメント。戦争や震災の恐怖は忘れられていくが、映画に残すとよみがえる。過去から学ばねば未来の平和は作り得ない。それが映画の力」

★大林 宣彦(おおばやし のぶひこ、1938年1月9日 - 2020年4月10日)は、日本の映画監督。勲等は旭日小綬章。倉敷芸術科学大学客員教授、長岡造形大学造形学部客員教授、尚美学園大学名誉教授、文化功労者。

概要
広島県尾道市東土堂町生まれ。尾道市立土堂小学校、尾道北高校卒業、成城大学文芸学部中退。2006年(平成18年)4月から尚美学園大学大学院芸術情報学部情報表現学科名誉教授。2007年(平成19年)4月から倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科客員教授。2014年(平成26年)4月から長岡造形大学客員教授。
妻は映画プロデューサーの大林恭子。長女の千茱萸は「映画感想家」と称して執筆活動をする一方で映画製作にも参加しており、その夫は漫画家の森泉岳土。劇作家・演出家の平田オリザは甥にあたる。
自主製作映画の先駆者として、CMディレクターとして、映画監督として、日本の映像史を最先端で切り拓いた"映像の魔術師"

別名義 學草太郎(まなぶ そうたろう)
生年月日 1938年1月9日
没年月日 2020年4月10日(82歳没)
出生地  日本・広島県尾道市東土堂町
死没地  日本・東京都
血液型 B型
職業 映画監督
ジャンル 映画監督
配偶者 大林恭子
主な作品


「時をかける少女」大林宣彦


映画
『HOUSE ハウス』
『転校生』
『時をかける少女』
『さびしんぼう』
『ふたり』
『青春デンデケデケデケ』
『理由』
『その日のまえに』
『この空の花 -長岡花火物語』
『野のなななのか』
『花筐/HANAGATAMI』

尾道三部作
大林宣彦が、出身地尾道市を舞台に撮影した映画の代表作として認知されている3つの映画作品のこと。後に、同じように尾道を舞台にした作品が同じく3つ作られたため、これを「新尾道三部作」と称すこともある。転校生や時をかける少女の頃はまだ尾道三部作と呼ばれておらず、続くさびしんぼうが撮られたことで、これらの3本が尾道三部作と言われるようになった。
"尾道三部作"という言葉は大林映画のファンが作った言葉である。
・尾道三部作
転校生(1982年)
時をかける少女(1983年)
さびしんぼう(1985年)
・新尾道三部作
ふたり(1991年)
あした(1995年)
あの、夏の日(1999年)

スポンサーリンク