旬感・話題とニュースの伝言板

気になる話題やニュース・お役立ち情報等をお知らせしています。

春分の日に新型コロナウイルスが春の嵐の様に世界に吹き荒れている。特にイタリアの感染者数が急増!

3月20日今日は春分の日

お墓参りに行こうと思っていますが、風が強いです。台風並みです。春の嵐かな?

 

気になっているのは新型コロナウイルスのニュース。日本でも猛威を振るっています。

 

イタリア政府は19日、新型コロナウイルスに感染した死者が前日から427人増え3405人になったと発表した。感染者数が世界最多の中国本土の死者数を初めて上回った。イタリアの感染者は4万1035人となり、1日の新たな確認数は5322人とこれまでで最多だった。致死率も約8・3%と依然高い。
 イタリアは「パンデミック(世界的大流行)の中心地」欧州でも死者・感染者数が突出。病状が悪化しやすい高齢者が多い人口分布や、医療体制の不備、当局の初動の遅れが被害拡大を招いたと指摘されている。

 

各国当局の発表に基づきまとめた統計によると、日本時間20日午前4時現在での世界の新型コロナウイルス感染者数は158の国・地域で23万2680人に達し、うち9827人が亡くなった。
 18日午前4時以降、世界全体で新たに1043人の死亡、2万3701人の感染が確認された。


 この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関(WHO)からの情報に基づいたもので、死者の集計方法や検査体制が国によって異なる事実を考慮している。
 昨年12月末に新型ウイルスが最初に発生した中国では、香港とマカオ(Macau)を除く本土の感染者は8万928人で、うち3245人が死亡、7万420人が回復。新たに発表された感染者は34人、死者は8人だった。
 中国以外で被害が大きな国は、イタリア(死亡3405人、感染4万1035人)、イラン(死亡1284人、感染1万8407人)、スペイン(死亡767人、感染1万7147人)、フランス(死亡372人、感染1万995人)。
 イタリアでは19日、新たに427人の死亡と5322人の感染が発表された。
 日本時間の19日午前4時以降、初の死者が出た国はパキスタン、ロシア、コスタリカ、メキシコ、チュニジア。初の感染者が確認された国はモーリシャス、バルバドス、ザンビア、フィジーバハマエルサルバドルニカラグア、チャド。

数は増える一方です。

イタリアが増えた理由には国民性があると思います。

楽天的でキス、ハグの習慣が定着しているせいだと思います。

 

全世界で先が全く見えません。新型コロナウイルスの姿も感染経路も見えないので不安です。

社会、経済が大混乱です。

 

トイレットペーパーは昨日ようやく12ロールだけ変えました。

マスクは全く変えません。買い置きは少しあります。

株価も世界的に暴落気味です。

 

何かいいことないでしょうか?

桜の開花宣言が東京、神川、高知などで始まったことぐらいかしら。

スポンサーリンク